40代、50代 Uターン転職

スポンサードリンク

Uターン転職のリスク

Uターン転職を考えるときには、都会と地方の違いについてしっかりと認識しておく必要があります。

地方には地方の魅力があるのは確かです。しかし、Uターン転職したからといってよいことばかりがあるわけではありません。なので、Uターン転職を考えるときには、地方で生活する場合のUターン転職のリスク(またはデメリット)を認識しておきましょう。特に40代、50代でUターン転職を考えている場合は、人生の大きな分岐点にもなるので、家族でしっかりと相談しておきましょう。

地方でも仕事は忙しい

まず、Uターン転職先ならのんびりと仕事ができるとは限りません。

よく考えてみれば当然なのですが、会社によって仕事の忙しさが違うのは、都会も地方も同じです。だからUターン転職でのんびりと生活したいと考えているなら、転職先の業務内容や忙しさの情報はキチンと確認しておましょう。「こんなはずではなかった」と後悔しないためにも、給料や待遇、福利厚生、転勤の有無などの基本的な情報に加えて業務内容・業務の繁忙さなども事前にチェックしておきましょう。

交通機関

地方での移動は車が主体です。都会では電車や地下鉄などの交通機関が発達しているので、車を持っていない人もいますが、地方で生活するなら、車を所持していないと何かと不便なので注意が必要です。

40代、50代の方で普段車を運転していない人にとっては気になるポイントとなるので、できれば実際に足を運んで、自分の目と耳で確かめておくことをお勧めします。

Uターン転職の面接

Uターン転職の就職活動を実際に始めると、当然ながら面接試験を受けることになります。

この面接でUターン転職の理由を聞かれたときに、「東京の生活が性に合わない」など、生活環境を変える目的でUターンを決めた場合は、「逃げている」「消極的で気力が乏しい」という印象を与えないように注意しなくてはなりません。

面接官にマイナスのイメージを与えないように伝え方を工夫しましょう。「東京は□□□で☆☆☆なので、もうイヤだ。抜け出したい」ではなく、「東京では、○○○のような経験を積むことができたが、もっと◎◎◎な環境に身を置く方が自分に合っていて、仕事でもプライベートでも充実感が得られると考えた」と伝えれば、Uターン転職でも面接官に前向きな印象を与えることができます。

スポンサードリンク